MENU

国公立病院に看護師が転職するデメリット

 

 

<体質が古いって本当?>

 

 

公的機関に共通して言われることですが看護師の世界でも

 

「国公立病院は体質が古いところが多い」と言われます。

 

ただし、これは病院によって体質は異なるようです。
あなたの希望される病院の職場の雰囲気はある程度調べることができます。

 

ただし無記名で無責任に書き込むことができる
インターネットの掲示板などによるウワサや書き込みは
例えそれらしく書かれていても、あまり参考にしないほうが身の為です。

 

ちゃんと身元のわかる方からの情報のほうを参考にされるほうが
悔いのない、いい判断ができると思います。

 

 

 

<転職が難しいって本当?>

 

 

待遇の良い国公立病院に転職したいとおもっても
そもそも人気の職場は、空きが出るということがあまりありません。

 

ちょうどいいタイミングで自分の希望する国公立病院で看護師の求人募集がされるか
探すのが難しいのが問題です。

 

こまめに国公立病院の求人をチェックしておく必要がありますが、個人の力では限界があります。

 

 

他の看護師が転職支援サイトを利用している場合は、
いち早く求人が出た情報をキャッチして交渉や準備に入られてしまいます。

 

 

これは他の人気病院でも言えることで
自分ひとりで転職活動をしている人は
看護師転職サイトに登録している人に情報をキャッチするスピードに負けてしまいます。

 

 

対策は自分も転職支援サイトに登録して専任コンサルタントに
希望の職場の条件をしっかりと伝えておくこと。

 

 

一社だけでなく複数の転職支援サイトに登録してアンテナを広げておくことです。

 

後の面接対策や職場の人間関係情報などもキャッチできます。

 

 

 

病院ホームページやハローワーク求人票だけで決めちゃダメ

 

 

⇒ほんとうにこの病院に転職して大丈夫? 転職する前に確認するには?