MENU

国公立病院で働くメリット

 

 

 

<国公立病院に勤務の看護師は準公務員・公務員看護師といわれるけど?>

 

通常、公務員になるためには各種公務員試験を受けて合格する必要がありますが
看護師はすでに国家資格である看護師免許を取得しているため、改めて公務員資格を取得しなくても
準公務員という立場として公務員扱いの給料や待遇を得ることができます。

 

 

特に国立病院に勤務する看護師は国家公務員並みの扱いになりますので、
給与水準や福利厚生の充実の面で非常に好条件であることが知られています。

 

 

国立病院に就職した看護師の年収の相場は民間病院に勤めている看護師の平均と比較して
100万円近く多いというデータが出ています。

 

各都道府県の県立病院や各市町村の市民病院などの公立病院に採用された看護師も
準公務員という立場で地方公務員並の待遇を得ることができます。

 

 

ただし、給与や福利厚生などの面においては職場によって差がありますので
しっかりとチェックしておかなければいけません。

 

 


 

⇒あなたの近くの国公立病院の年収・待遇・募集要項を調べる